それって、漆かぶれかも?

健康・美容

それって、漆かぶれかも?
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

漆かぶれにご用心

出典 http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net

夏、裏山の緑が勢力を増して美しいですね~~、と興に入っている場合ではなくなってしまう、夏の危険植物、漆。

漆塗りの漆器は海外から「JAPAN」と呼ばれるほどの日本を代表する器であり
世界に誇る専門技術、文化です。

しかしながら漆はごく一般的な民衆の身近にある危険であると
言わざるをえません。

「葉にブツブツのある木には触ったらあかんで、かぶれるで」
と、幼い頃親から言われた方も多いのではないでしょうか。
子供は山の中でも川でも、無防備に入りますからね。
私もそう言われて、この年まで漆かぶれになることはありませんでした。
ところが、漆かぶれって、直接葉を触らなくてもかぶれるようです。

漆の木を見たら被れると思え

出典 http://pds.exblog.jp

「漆かぶれ」は漆に接触した時、統計的には9割の人が発症するそうで、大体の人は漆の木があると被れる、ということになる。
しかも、漆の木がそばにあるだけで被れる人、漆の葉に付いた水滴が皮膚に付いただけで被れる人と、「直接触る」だけでなく間接的要因でも被れてしまう、何ともやっかいな代物。

漆の木に含まれる「ウルシオール」という成分が人体の免疫細胞に反応し水泡から赤く腫れ、かゆみを伴い(痒くて痒くて寝ていても目が覚めてしまうほどの痒さ)時に痛みをともなう、それが一週間から10日、完治には20日はかかるという情報もあった。
しかもいったん掻いてしまって、傷口のしるが皮膚の他の部分に触れるとそこも被れるという悲惨なループ現象が。
漆かぶれの幹部に触っても移らないので被れない、いやいや被れるという2つの情報がありますが、実話的な情報には「被れる」と出てくるので、痒くても掻いてはいけません。。。

ところで、「じゃあ、漆塗りをする専門職の人は被れるんじゃないの?大丈夫なの」と思いませんでしたか?
これね、被れる人は被れるんだそうです。みなさん被れることを承知で漆塗りを。。。

なぜ怖くないのかというと、「漆に被れても死に至るわけじゃないから」のようですよ。
漆塗りには漆かぶれを了承してでも続けたいと思わせる魅力と効用があるのです。

割れた部分を補修出来る接着力と、防虫効果、黒い漆色の美しい艶、厚い皮膜力となり木部を保護し、それらの効力は丁寧に扱うことで非常に長期に渡る、などなど。
日本人の職人技というか。美しい物を生み出すのに、代償があることを誇りとするお国柄というか。。。

出典 http://urushinuri.sharepoint.com

漆被れになる木の見分け方

出典 http://had0.big.ous.ac.jp

ツタウルシの葉は、他のウルシ類と違って三出複葉(さんしゅつふくよう)と呼ばれる形で、3枚の葉がワンセットになった形をしているので見分けるのは比較的簡単です。

出典 http://www.shizen-taiken.com

上の画像は「ツタウルシ」、これが漆かぶれ最強の植物のようです。葉が3枚ひと組になっていて見分け易さはあるのですが、絶対に触ってはいけません。

実は私もこの夏、初めて漆に被れまして。漆に被れることを「漆負け」とも言うそうです。
うちのすぐ側の林に漆の木が植えてあるんですよ、夏になりフェンスを超えて来るほど茂って来ていて、その葉っぱが日よけシートに当たっているだけだからさほど気に留めなかったのですが。
花に水をやるのに雨水を溜めていて、それが日よけシートを伝って集まるようにしてあるんですが、日よけシートに当たっていた漆の木の葉水も一緒に集めていたようで、そのバケツを持って水をやり、何となく肩をその手で触ったすぐ後異変に気づきました。
「ん??肌にブツブツ感があって、その部分が膨らんでる」
慌てて鏡で見てみたら、水泡が帯状に集まって手の当たった部分だけの形で腫れていました。。。私の場合はかなり即効性があるなと思いました。
特に痒いわけでも赤くなるわけでもなく、症状はかなり軽いです。
やはり直接触ったり、樹液がかかったわけでもないので。
ただその部分がかっと熱を持っているようで暑い。首の裏ってめっちゃ日焼けするので色はどうなってるのか正直分からない。
その後フェンスの近くでシーツを干し、そのシーツを取り入れただけでもう片方の肩も被れたので「近くにあるだけで被れるんだな。。。」と、ウルシオールの強力さを実感。夏の悩みの種になりそうです。

そんな漆被れですが、漆かぶれになる木は漆の木だけではないようで、以下に漆かぶれになる木と特徴などまとめたいと思います。
ちなみに冒頭の「葉がブツブツの葉っぱは触ってはダメ」の漆かぶれする木は、実は漆ではなくて「ヌルデ」という、漆被れの木の中では比較的被れにくい木なのだそうですよ。でも被れやすい人は被れるんでしょうね。
実際ヌルデでかぶれを試してみて日が経った後被れたという実例がありました。

ヌルデはかぶれる植物の代表であるウルシの仲間なのですが、「かぶれない」「かぶれにくい」と言われています。
冒頭に書いたように、ヌルデの葉をもんで両腕にこすりつけるような荒行(!)をしてみたところ(真似しないでください)、ウルシでは翌日か数時間で症状が出てくるところですが、一切症状が現れませんでした。周りに「ほら大丈夫だっただろう!」などと自慢していましたが、5日後になって、両脇腹にびっしりと湿疹のようなものが出てきました。こんなものが出る覚えはヌルデ以外にはないので、きっとヌルデの仕業だろうと思います。しかしウルシの症状とは違い、かゆみはかなり少なく、また、顔や手などには症状が出ませんでした。(触っていない脇腹に出るというのは、そこが弱い部分なんでしょうか?)
私の実験結果では、よく言われているとおり「ヌルデでかぶれることもあるが、ウルシほど強くない」のは当てはまるようです。

出典 http://www.m-sugi.com

私ももしかしたら、症状が軽いのでヌルデで被れているのかもしれません。洗濯物干し場のすぐ際に、ヌルデの木があるので。
「ヌルデは被れない」というのは嘘というか、誰が言い出したのか。
漆ほど酷い被れにはならないにしても被れるんだから、「触っても大丈夫なんだな」と思わせるような書き方はしないほうがいいでしょうね、肌にブツブツが帯状にあるって、肌を露出する夏場は特に気になるし、女性ならなおさら。。。
「被れないって書いてあったのに!」とか文句言う人が出てくるくらいなら被れますと書いたほうがいいですよね。

漆かぶれになる植物:ツタウルシ・ウルシ・ヤマウルシ・ハゼ・ヤマハゼ・ヌルデ、他カシューナッツ・マンゴーなど

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

出典 http://www.pref.shimane.lg.jp

上のリンクに画像付きで分かりやすく見られますので参考にさせていただきましょう(`・ω・´)

漆かぶれの治療法

漆かぶれの特効薬はまだない

漆に被れたら、酷い場合はすぐ皮膚科で診療してもらいましょう。ステロイド系の塗り薬など処方されるようで、やはり薬を使った方が治りが早いそうです。

痒い、痛い、赤い、腫れるが長期に渡れば渡るほどストレスになりますし、仕事にも日常生活にも支障が出ますから早期治療にこしたことはないのです。

ただ、症状が軽くてどちらにしても日にち薬で治すしかないのが漆かぶれだからとじっくりと耐え忍ぶというのも手ではあります。。。が、一向に良くなる気配がないように感じるほど、長い時間がかかります。その間に他の部分にも。。。となるのも辛い所。

海水に浸かると治りが早いとか、唾液をぬっておくと被れにくいとか?私はキンカンをティッシュに何度かしみさせて、それで被れた部分を拭いてみました。特に異常も、治っているなという実感もありませんが。。。

病院に行くのって面倒だけど、行った方が気が滅入らなくて良いかもね。

ウルシかぶれにまつわるリンク集

いかがでしたか。漆って非常に身近にある植物なので、上手に避けて被れないようにしましょう。
ただ、漆は紅葉が非常に美しいそうですね。遠くから見る分には季節を楽しめるということでしょうか。

被れやすい人はマンゴーでも反応するようなので、逆にマンゴーで反応しない人は漆かぶれ軽度で済むタイプの人かな?どうでしょう。

夏は危険がいっぱいですが、日本特有の四季折々の楽しみもありますから
今年も乗り切りましょう(~Q~;)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ